考古 旧石器時代 > 正面ヶ原D遺跡 > 遺物「石器」(旧石器) > SMD056+057

その他の画像
SMD056+057
 遺跡・地区名称 正面ヶ原D遺跡
 出土位置
 遺構名
 時代 旧石器
 時期1
 時期2
 年代
 器種名 斧形石器
 種別
 細別
 石材名 変質安山岩(プロピライト)
 部位 完形
 素材
 長
 幅
 厚
 重量
旧石器時代後期前半期特有のいわゆる「局部磨製石斧」です。
刃先の部分は研磨されて、鋭い蛤刃状が作り出されています。
この資料は、5点の調整剥片が接合し、遺跡内で斧形石器の製作が顕著に行われていることが示されます。