考古 旧石器時代 > 正面ヶ原D遺跡 > 遺物「石器」(旧石器) > SMD001

その他の画像
SMD001
 遺跡・地区名称 正面ヶ原D遺跡
 出土位置
 遺構名 1ブロック
 時代 旧石器
 時期1 後期
 時期2
 年代
 器種名 ナイフ形石器
 種別 ?
 細別
 石材名 頁岩
 部位 完形
 素材 小型剥片
 長 3.72cm
 幅 2.33cm
 厚 0.85cm
 重量 6.3g
小型の基部加工ナイフ形石器です。
旧石器時代後期の初期に特有の形態で、素材剥片の打面部は1枚の剥離面で構成され、広く残されています。
報告書では、「ペン先型ナイフ形石器」と表現されています。
注記番号